★趣味の登山の記録や身近な里山を歩いて、お花や身近な自然を撮影しています。★ ★自宅から半径3キロ圏内を”里山の森”と名付けて散歩してます。 里山の森を中心に、”朝日の見える大地”や”夕日の見える丘”などと勝手に名付けて遊んでいます。
令和02年08月06日(木)、晴れ!

今日の”みちくさんぽ”は、福島県にある日本百名山:磐梯山を訪ねました。
磐梯山は福島県のほぼ中央に位置する火山です。標高は1816mで、日本百名山に選定されています。
広義には磐梯山を主峰とし、赤埴山、櫛ヶ峰を含めた3つのピークの総称でもあります。
古くは「いわはしやま」と称され「天に掛かる岩の梯子」を意味します。
南側の表磐梯は、会津富士とも呼ばれる秀麗な円錐形の山容をしています。(ヤマレコ山の地名より!)
そんな磐梯山を登って出会った素敵な光景がこれだ~~ぁ('ω'*)アハ♪
銅沼(あかぬま)からの光景です。
磐梯山は、1888年の大噴火では、山体崩壊で小磐梯山を吹き飛ばし、岩なだれにより檜原湖や五色沼など300余りの湖沼群を生みました。そんな中の一つが銅沼です。正面奥に見えているのが櫛ヶ峰です。
磐梯山_20.08.06_085

















★それでは、磐梯山を登ってきましょう。
 今日は裏磐梯スキー場の登山口からスタートです。
 早朝、朝日が森の中に差し込み、朝霧の中に光芒が現れてたのです(^_-)-☆!
磐梯山_20.08.06_005

















身支度を整えて、いざ出発してみると、あらら、お空に羊雲が充満しちゃってました('ω'*)アハ♪
あま、雲っていた方が涼しいかもねって思いながら歩みました(*'▽')!
磐梯山_20.08.06_011

















スキー場入口に登山ポストがありましたよ。登山届を提出してゲレンデへ!
リフト乗り場はブルーシートに覆われていました。がその先にド~ンと磐梯山の噴火跡が見て取れる荒々しい山容が見えてきました。あの峰へとこれから登ってゆくのですね(#^^#)!
磐梯山_20.08.06_016

















ゲレンデで出会えたお花達です。
素敵なお姿のギボウシでした(^_-)-☆!
磐梯山_20.08.06_027

















ネジバナさんもまだ咲いていたんだね。
磐梯山_20.08.06_047

















ゲレンデトップにて、ヤナギラン!
磐梯山_20.08.06_069

















さあ、いよいよ登山道へ。ゲレンデトップから中の湯方面に向かいます。
磐梯山_20.08.06_077

















登山道に入ってほどなく、銅沼につきました。
空の雲間の太陽の様子を表現しようと露出を切り詰めたら、こんな画像が撮れました(^^)v!
なんか月夜の光景みたいになっちゃいましたけど('ω'*)アハ♪
磐梯山_20.08.06_090

















銅沼から中の湯へと樹林帯の登山道を進んでいきます。
樹林帯の中で素敵なラン科のお花と出会えました。
オオヤマサギソウです。今日は予想していなかったお花だったのでどっきりでしたよ!
磐梯山_20.08.06_113

















ミヤマホツツジさんですね。
磐梯山_20.08.06_133

















腐生植物のシャクジョウソウです(*'▽')!
磐梯山_20.08.06_169

















そして、今日のお目当てちゃんでもあります。
コイチョウランです。あまりの小ささに、誰にも見向きもされません。
こんなに可愛いのにね(^_-)-☆!
磐梯山_20.08.06_172

















こつこつと登って、中の湯温泉まで来ました。
でも今は廃墟です。温泉はふつふつと湧いてましたよ。
お宿が復活すればいいのにね。ところでなんで廃墟と化したのでしょうね。
磐梯山_20.08.06_183

















中の湯温泉から山頂を目指します。その登山道で出会ったお花達です!
これはね、エゾスズランです。やっと旬の姿に出会えましたって、これでもピークを過ぎていたんだけどね。また来年どこかのお山で出会えたらとお思いました(^^)v!
磐梯山_20.08.06_187

















そして、再びコイチョウランが登山道脇の草むらの中に、隠れるように咲いていました。
磐梯山_20.08.06_209

















それもこんな密になってね(#^^#)!
磐梯山_20.08.06_216

















私がカメラを向けて撮影していても、ハイカーさんたちは、こんな小さなお花には目もくれず、黙々と登っていったんです。お山に登る目的が私とは違うのでしょうね。でも、せっかくこのお山に来ているのだから、一目見てほしかったな~~ぁ。
磐梯山_20.08.06_225

















コイチョウランの花園を過ぎて、次に出迎えてくれたのは、コバノイチヤクソウさんでした。
でも、もう終わりかけ。痛々しかったけど、でもその微笑は私の心をグッとつかみましたよ!
磐梯山_20.08.06_231

















オトギリソウが優しい気持ちで見つめてくれました。
磐梯山_20.08.06_246

















おおらかな気持ちで咲いていました。
タマガワホトトギス(^_-)-☆!
磐梯山_20.08.06_280

















う~ん、もしかしてイワアカバナさんかも!
磐梯山_20.08.06_311

















磐梯山四合目、弘法清水まで来ました。って、こんだけ登って、こんだけ疲れたのに、まだ四合目(◎_◎;)!
ふぅ~~、ここから山頂への最後の急登ですね。
磐梯山_20.08.06_317

















クルマユリが急登に励ましの微笑!
磐梯山_20.08.06_320

















ぐふふ・・・、ねっ美しいでしょよ(#^^#)!
磐梯山_20.08.06_343

















山頂は間もなくですね。
磐梯山_20.08.06_335

















眼下に見下ろす沼の平!
磐梯山_20.08.06_348

















アキノキリンソウ(*'▽')!
磐梯山_20.08.06_358

















ウスユキソウ!
磐梯山_20.08.06_361

















やっとのことで樹林帯を抜けると解放感~~ん!
山頂手前の岩場に咲いていました。イブキジャコウソウ!
磐梯山_20.08.06_374

















ぐっと近寄ると、一つ一つのお花が笑ってました(#^^#)!
磐梯山_20.08.06_383

















磐梯山山頂~~ぉに到着です。いい天気です。神様(*´∪`*) ありがとぉね♪♪(@^^)/~~~
磐梯山_20.08.06_389

















山頂でのんびりしてから下山にかかります。
下山は沼の平を経由して櫛ヶ峰方面から火口壁を下ります。
磐梯山_20.08.06_391

















山頂に咲くミヤマシャジン!
磐梯山_20.08.06_403

















今年は旬の姿に出会えて嬉しかったです。
磐梯山_20.08.06_411

















山頂から弘法清水まで下って、次は花畑へ!
その花畑から、磐梯山山頂を見つめました。
磐梯山_20.08.06_440

















ミヤマシシウド、オニシモツケ、キオンの群れ。
う~ん、まさしく花畑じゃ(*'▽')!
磐梯山_20.08.06_445

















そして、私の今日一番のお目当てちゃん!
それは~~ぁ。タカネナデシコさんでした(^^)v!
磐梯山_20.08.06_454

















一番最初に出会ったときは、これは日本のお花じゃないでしょ。ヒマラヤかアイガーかなんて遠い異国にでも咲くお花かと思いましたが、なんと””なでしこ””なるお名前のとおり、日本とその近辺に咲くことがわかりました。
磐梯山_20.08.06_456

















でも””なでしこ””と言ったら、ジャパン~~ん♬♬♬だよね。あれ以来このお花の虜になっている私です(#^^#)!
磐梯山_20.08.06_463

















お花畑でなでしこジャパンを楽しんで、次は沼の平へと向かいまいた。
マルバダケブキがとってもお茶目に咲いていました。
磐梯山_20.08.06_481

















花畑からひと段落下った黄金清水にて・・・
磐梯山_20.08.06_492

















ダイモンジソウが咲いていました。
磐梯山_20.08.06_484

















水場の回にりたくさん咲いていましたよ。ウメバチソウ!
磐梯山_20.08.06_493

















黄金清水から下って右方向、沼の平へと歩んでみますね!
磐梯山_20.08.06_504

















ホタルブクロが優しく咲いていました。
磐梯山_20.08.06_529

















白花のホタルブクロにも出会えましたよ!
磐梯山_20.08.06_532

















お花の宝庫沼の平。夏はお花はあまり出会えませんね。まあ、今回訪れた時は端鏡期だからね。会えなくてもそれはそれで~~ぇ!。森の中に沼の平の石碑がありました。
磐梯山_20.08.06_538

















沼の平から戻って、爆裂火口の縁へ!
磐梯山_20.08.06_586

















櫛ヶ峰へと向かって進みますよ。
磐梯山_20.08.06_588

















沼の平の湖沼群。ここ火山性ガスが噴き出しているそうです。
登山道から外れないでくださいとの案内もありました。
磐梯山_20.08.06_596

















ホタルブクロって里山のお花と思っていました。
こんな高山に、それもガレ場帯にわんさか咲いてました。白と紫色の比率は半々です。
それもとっても不思議に思いました。
磐梯山_20.08.06_601


















磐梯山_20.08.06_606

















ホタルブクロの群生の中に咲いていましたよ。
ハナイカリ。磐梯山にもこのお花が咲くんですね。
磐梯山_20.08.06_604

















稜線から爆裂火口壁を下ります。急坂にて足元要注意です。
できれば、ここは上りで使いたいくらいですね。
磐梯山_20.08.06_636

















火口壁を下って広河原。
常に大水が出るのでしょう。これまで何度もここを歩いていますが、ちゃんとした踏み跡を見たことがありません。ルーファイが必要なところです。道迷い要注意場所です。でもね、ちゃんと目印つけてくれていました。ありがたいです。
磐梯山_20.08.06_645

















広河原から樹林帯を抜けて裏磐梯スキー場のゲレンデへ。
周回してきました。
磐梯山_20.08.06_672

















ここまでくれば安心ですね。あとはこつこつと帰り道を下るのみです。
ヨツバヒヨドリのお花に群がる蝶。それはヒョウモンチョウでした。
磐梯山_20.08.06_678

















さあ、ここを下れば今日の山行は終焉です。
(*´∪`*) ありがとぉね♪♪(@^^)/~~~

磐梯山_20.08.06_685

















今日歩いた歩数:33,160歩
今日歩いた距離:23,212m
消費カロリー: 1254.3㎉
平均歩速:   3.9㎞/h
歩行計測時間: 05:55:30

詳しい山行記録は、こちらから見てね!ヤマレコです。



動画がこちから見てね!YouTubeです。

Comments

    • なあに's comment
    • 2020年08月12日 10:38
    • こんにちはぁ~
      順に見て来ました~大変な距離を歩かれて撮影をしながら(^O^)
      楽しいでしょうね!お山を守って下さいね。
      バイオトイレがあるんですね、携帯電話もつながらない、熊さんも出没する
      かなり深いお山ですね。
      お陰で沢山の珍しいお花を見る事が出来て楽しかったですよ。
      沢山ありがとうございました。
    • sakurasaku64's comment
    • 2020年08月13日 07:08
    • なあにさん、~~~ヾ(^∇^)おはよー♪

      はい、とっても楽しいですよ(^_-)-☆!
      自然の中に身を置いて、森の空気に包まれたときってなんか神秘さを感じて、現実逃避\(◎o◎)/!これがたまらないんだな~ぁ。秘境に行けば行くほど、なんか怖さもあるけどそれ以上にワクワク感を求めちゃうのです。

      でもね、自然もやっぱり限界がありますね。自然を守りながら深入りせず、豊かな環境を守りたいです。そして自分も安全なる歩みで末永く続けていきたいと思っています。

      いえいえ、こちらこそ、ブログの中ですがご一緒に歩いていただいて、(*´∪`*) ありがとぉね♪♪(@^^)/~~~

Add Comments

名前
 
  絵文字
 
 
ここをポチッと押してくれると、うれしいな~(*^_^*)
アクセス(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセス(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事カテゴリ
記事検索
月別アーカイブ
お天気情報
最新コメント
sakurasaku64のヤマレコ!
メッセージ

名前
メール
本文
タグクラウド