★趣味の登山の記録や身近な里山を歩いて、お花や身近な自然を撮影しています。★ ★自宅から半径3キロ圏内を”里山の森”と名付けて散歩してます。 里山の森を中心に、”朝日の見える大地”や”夕日の見える丘”などと勝手に名付けて遊んでいます。
令和02年06月17日(水)、曇りから晴れ!

今日の”みちくさんぽ”は、岩手県南西部、奥州市と和賀郡西和賀町の境にある東焼石岳を訪ねました。
雲上の楽園、極上の花畑を堪能するためです。
今日このお山で出会った一番の頬笑みは、これだ~~ぁ!
白花のミヤマシオガマ(深山塩釜:シオガマギク属の多年草の高山植物)
焼石岳_20.06.17_529

















★それでは、東焼石岳に登って行きましょう。
 午前2時起床、身支度を整えて栃木県の自宅から一路、東北自動車道路にて岩手県へ!
 一関インターを降りて、焼石連峰の案内標識に導かれて登山口へ。
 今日のお山の天気予報によれば、Cランク(雨風が強く登山不適)でありましたが、午後からは回復傾向にあるとのことで、早朝お山はどんより雲がかかってましたが、晴れることを期待してお山に向かいました。
焼石岳_20.06.17_001

















今日の登山口は、国道369号線沿いあるつぶ沼登山口からです。
午前7時14分スタートです!
歩き出し小雨が降っており、遠くには虹がかかっているのが見えていました。
さあ、この階段を昇って樹林帯へと突入です。そして今日の目的地東焼石岳へ向かって歩んでいきます。
焼石岳_20.06.17_005

















小雨はあるものの、ブナの樹林が守ってくれました(^^)v!
焼石岳_20.06.17_026

















森の中で出会ったお花たちです。
コケイラン(小蕙蘭:ラン科コケイラン属の多年草。別名、ササエビネという)
焼石岳_20.06.17_043

















ツクバネソウ(衝羽根草:シュロソウ科ツクバネソウ属の多年草)
焼石岳_20.06.17_049

















ツクバネウツギ(衝羽根空木:スイカズラ科ツクバネウツギ属の落葉低木)かな!
焼石岳_20.06.17_073

















ヒメモチ(姫黐:モチノキ科モチノキ属の常緑低木)
焼石岳_20.06.17_086

















ズダヤクシュ(喘息薬種:ユキノシタ科ズダヤクシュ属の多年草) 
焼石岳_20.06.17_109

















絶滅危惧種に指定されている都府県もありますよ!
大切に見守りましょう!
焼石岳_20.06.17_132

















たわわなるギンリョウソウ(銀竜草:ツツジ科ギンリョウソウ属の多年草・腐生植物)
焼石岳_20.06.17_140

















リュウキンカ(立金花:キンポウゲ科リュウキンカ属の多年草)
焼石岳_20.06.17_172

















シラネアオイ(白根葵:キンポウゲ科シラネアオイ属の多年草)
焼石岳_20.06.17_206

















ミヤマスミレ(深山菫:スミレ科スミレ属の多年草)
焼石岳_20.06.17_211

















午前10時35分、やっと銀名水までやってきました。
ここまではほぼ樹林帯。
焼石岳_20.06.17_248

















ここからは灌木帯が始まり、時折り残雪を踏みしめて登って行きます。
焼石岳_20.06.17_259

















ベニバナイチゴ(紅花苺:バラ科キイチゴ属に分類される落葉低木)のお花が咲いていました。
焼石岳_20.06.17_263

















雪解けしたばかりの湿地には、早春のお花ミズバショウ(水芭蕉:サトイモ科ミズバショウ属の多年草)が所狭しと花を咲かせていたのです。
焼石岳_20.06.17_293

















花の楽園を目指して雪渓を登ります。
まだ、ガスは晴れてくれません。強風が吹いています。
焼石岳_20.06.17_307

















でも振り返り下界を見れば晴れていました。
焼石岳_20.06.17_310

















雪の消えた日当たりの良い登山道にはたくさんのお花が咲いていました。
オオバキスミレ(大葉黄菫:スミレ科スミレ属の多年草。積雪量の多い日本海側の山地に広く分布する日本特産のお花)
焼石岳_20.06.17_313

















タケシマラン(竹縞蘭:ユリ科タケシマラン属の多年草)
焼石岳_20.06.17_340

















イワカガミ(岩鏡:イワウメ科イワカガミ属の常緑の多年草)
焼石岳_20.06.17_353

















ミツバオウレン(三葉黄蓮:キンポウゲ科オウレン属の多年草)
焼石岳_20.06.17_360

















キバナノコマノツメ(黄花の駒の爪:スミレ科スミレ属の多年草)
焼石岳_20.06.17_377

















そして、やってきましたよ。姥石平へ。
さあ、ここから花畑が始まるのです。
焼石岳_20.06.17_415

















そう、おの花畑の主役は・・・!
ハクサインチゲ(白山一花、白山一華;キンポウゲ科イチリンソウ属の多年草)です。
焼石岳_20.06.17_429

















姥石平のお地蔵様です!
焼石岳_20.06.17_436

















強き風が吹き、ガスに包まれた花畑!
焼石岳_20.06.17_441

















そんなモノトーンの中に鮮やかなピンク色の姿を彩る、ミヤマシオガマヽ(^。^)ノ
焼石岳_20.06.17_453

















ホソバイワベンケイ(細葉岩弁慶:ベンケイソウ科イワベンケイ属の多年草)
焼石岳_20.06.17_456

















そして今日のお目当ての一つでもあった上唇が白く下唇ピンクのミヤマシオガマ!
ちょっと遅かったようです。かなり傷み始めていたのです!
また来年のお楽しみかな!
焼石岳_20.06.17_483

















姥石平から、焼石岳には向かわず、東焼石岳へと向かいます。
その登山道の両脇の草原はハクサンイチゲの大群生地なのです!
焼石岳_20.06.17_488


















焼石岳_20.06.17_492


















焼石岳_20.06.17_494

















晴れていたら、青空に映えるハクサンイチゲの大群生が見られたでしょう。
でも、これはこれでとっても幻想的でよかったですよ!
焼石岳_20.06.17_505

















そして、そんな大群生のなかに、同じ色なので目立たずひっそりと咲いてました。
白花のミヤマシオガマです。この子に逢いたかったんです。白色の花畑の中に白ですので、遠目ではよくわかりませんが、ズームアップしてみれば、とっても上品さを備えて微笑んでくれていましたよ!
焼石岳_20.06.17_516

















ピンクのミヤマシオガマを従えて、ハクサンイチゲも踊りだす('ω'*)アハ♪
焼石岳_20.06.17_519

















綺麗だね~ぇ。ミヤマシオガマ!
焼石岳_20.06.17_522

















食虫植物です。ムシトリスミレ(虫取菫:タヌキモ科ムシトリスミレ属の食虫植物)
スミレに似ているけどスミレじゃないよ。
焼石岳_20.06.17_475

















今年は近年にない当たり年だそうですよ!
焼石岳_20.06.17_525

















あっ、またいた~~ぁ。私を歓迎してくれているのか。嬉しいね(*^^)v
焼石岳_20.06.17_535

















そして、午後0時27分、今日の目的地、東焼石岳に到着です!
お花に夢中になって、時間かかり過ぎです。この後予定していた焼石岳山頂と下山途中の中沼に立ち寄ることは時間が許してくれませんでした。
焼石岳_20.06.17_542

















さあ、来た道を戻ります。お花に目を向けながらね!
キバナノコマノツメ!
焼石岳_20.06.17_548

















また来年も来れるといいな!
焼石岳_20.06.17_569


















焼石岳_20.06.17_574

















きっと、また逢いに来るね~ぇ!
焼石岳_20.06.17_581

















姥石平の分岐に戻って、焼石岳を望む!
少しずつ風も弱まり、ガスが取れてきていました。
焼石岳_20.06.17_607

















終わりかけのヒナザクラ!
焼石岳_20.06.17_614

















姥石平から幾つかの雪渓を下り、振り返ると青空が出てきました。
もう少し早くに晴れてくれればよかったのにな~って思ったけど、これも出会いの瞬間だからね!
まっイイでしょ。゚(゚ ˆ o ˆ ゚)゚。
焼石岳_20.06.17_634

















銀名水まで下ってきました。
焼石岳_20.06.17_656

















登る時はお天気悪くて萎んでいたミヤマカタバミ!
お天気回復して花開いてくれましたヽ(^。^)ノ
焼石岳_20.06.17_651

















ツバメオモト(燕万年青:ユリ科ツバメオモト属の多年草)にも出えました!
焼石岳_20.06.17_662

















中沼コーストの分岐に戻りました。
左が中沼へ、右がつぶ沼へ!
焼石岳_20.06.17_684


















焼石岳_20.06.17_688

















ブナの樹林帯を快適に下ります。
焼石岳_20.06.17_704

















日が差して、石沼はエメグリに彩られました。
焼石岳_20.06.17_715

















午後3時54分ゴールです。

焼石岳_20.06.17_737

















今日歩いた歩数:37,433歩
今日歩いた距離:26,203m
消費カロリー: 1490.7㎉
平均歩速:   4.2㎞/h
歩行計測時間: 06:24:07


詳しい山行記録は、こちらから見てね!ヤマレコです。




Comments

    • なあに's comment
    • 2020年06月23日 14:32
    • こんにちは~
      「山男良く聞~けよ~🎶」 凄いですね~心意気が、お花畑は天上の華、
      元気で健脚で登れるのですから、神様が見守ってくれるのですね。
      こちらは楽して座りながら見とれています(^O^)
      ブナの小道を歩きたいですね~年々ダメですね~脚が弱くなって(・_;)
      コロナで生活が変わってきてますよっ!この先どうなるのかぁ~
      頑張って生きて行こう、sakuraさんのみちくさんぽ♬を見ながら(^O^)
      今日も楽してみましたにゃ!ありがとうございました。
    • sakurasaku64's comment
    • 2020年06月25日 13:10
    • なあにさん、こんにちは!

      娘さん、よく聞~~~けよ、山男惚れるなよ~ぉ♪。うふふ・・・、なあにさんもこんな私の”みちくさんぽ”だけを惚れちゃだめだっぺ('ω'*)アハ♪。もちろんコロナにも気をつけなくちゃいけないけど、やっぱ自分の足でたくさん歩かなくっちゃ(;^ω^)。私し、今は高いお山へと行けるけど、年々体力は落ちていますよ。でも少しでも今の状況を維持できるようにと、気持ちだけでも頑張っています。

      また”みちくさんぽ”してブログアップしますね。少しでもなあにさんの力になればと思います(*^^)!

      お互い頑張んべ~~ぇ(@^^)/~~~

Add Comments

名前
 
  絵文字
 
 
ここをポチッと押してくれると、うれしいな~(*^_^*)
アクセス(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセス(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事カテゴリ
記事検索
月別アーカイブ
お天気情報
最新コメント
sakurasaku64のヤマレコ!
メッセージ

名前
メール
本文
タグクラウド